お気軽にお問い合わせください♪

副業・起業の成功のための強み発見!オンリーワンブランディング戦略・商品設計

毎日クリックの応援をよろしくお願いします!
毎日クリックの応援をよろしくお願いします! 直近セミナー情報

ストレングスファインダー戦略的思考力・分析思考は自己分析が苦手

 
自己分析
この記事を書いている人 - WRITER -
みぎしん
大阪在住の強み研究家。 月に4~6回のセミナー、個人セッションを開催。 FPとして活動しながら、強み診断士として、ストレングスファインダーⓇを使って、あなただけの才能を分析し、強みを発見するお手伝いをします!あなたの良いところ、強みを発見し、褒めまくります! メルマガアフィリエイトで月利100万円を越えるも、収入にこだわる事に疲れてしまい、1年も続かず。 「原因がどこにあるか?」 と追及し、ストレングスファインダーに出会う。 「才能がない。」 「強みがわからない。」 という悩みも一気に解決し、自分の才能に目覚め、強みを発揮している。 一人でも多くの人の悩みを解決しようと大阪を中心にセミナー、研修、コーチングを精力的に展開中。
詳しいプロフィールはこちら

ストレングスファインダー戦略的思考力・分析思考は自己分析が苦手

自分にはないと思っていた分析思考。ところがストレングスファインダーの結果では2位に。

なんで、分析思考があるんだろう?

みぎしん

それそれ!右田さん!すでに分析してるやん!!

ホンマや!!

みぎしん

実は分析思考に蓋をしてたんです。私の分析思考に蓋をしていた話とストレングスファインダーの分析思考の特徴と傾向性についてお伝えしていきます。

なぜを追求している分析思考

分析思考

ストレングスファインダーでは、才能・資質を4つの領域に分けることができます。

実行力・影響力・人間関係構築力・戦略性思考力の4つです。

分析思考は、戦略的思考力に分類されます。

学習欲

原点思考

収集心

戦略性

着想

内省

分析思考

未来思考

の8つが分類されています。

戦略的思考力の特徴は

  • 感情を外して、深く考える能力
  • 先読みする能力
  • 行動より考える事が好きな人
  • 冷たくみられることがある

という傾向性があり、物事を考える人たちです。

何よりも考えることが好き。行動する前に考える。実行力の逆になります。

人間関係を作る時も考えることが先立ちます。

考えている時は、結構集中しているので、怖い顔をしていたり、無表情になっていたりします。

誤解されることも多いので、注意が必要ですね。

その中で、分析思考は「なぜ? どうして?」を何事にでも考えています。

「なぜ、そんなことを考えたんだろう?」 「なぜ、そういう結果になったんだろう?」

こんなことを無意識に考えています。

私は、子どもたちにも

なんで、そうしたん? なんで、それ選んだん?

みぎしん

と、聞くことが多いです。

理由や原因を知りたいんですよね。これは、子ども以外でもそうです。

常に思っているので、他者分析も大好きですし、聞き出すのは上手な方だと思います。

分析思考は自己分析が苦手

分析思考

何事も「なぜ?」を追求する分析思考なのですが、他人事には強くても自分のことになると全然ダメ。

自己分析が苦手です。

これには理由があって、分析思考は、感情を外して考える能力なのですが、自分のことになると感情が入ってしまい、客観的になれないからだと言われています。

自己分析をする時は、感情を外す。

ということを意識しないとうまくいきません。

子どもなどの身内に対しても感情が入ってしまうと良い分析ができませんので注意が必要です。

分析することが好きなので、数値や客観的なデータを好みます。

なので、この才能の人は、経理や会計の分野で活躍する人がいます。

ちなみに、私は大学を卒業してから5年ぐらいは、経理担当として働いていましたし、学生の時に簿記の資格を独学で取ったりとやっぱりこの分野は好きでした。

また、株式投資も好きでしたし、チャートを手書きで作成したりもしていました。

最初は株でも儲けることができていましたが、慣れてくるとひらめきや感を頼りにすることが増えていきました。本来は分析することが得意なので、チャート分析にのめり込むはずなのですが、他に持っている才能の着想が影響して感を頼りにしてしまいます。

株をギャンブルにしてしまうのは、着想が影響しているケースが多いかと思います。

また、分析思考の人は、正確な情報があればあるほど、能力を発揮することができます。ですが、自分では情報を集めることができません。

ですので、収集心を持っている人と組むことで才能をさらに発揮することができます。

これは、着想にも同じことが言えます。

中には、分析思考着想、収集心を上位に持っている人もいると思います。

自己発電ができる人!と言えますね。とても羨ましいですが、戦略的思考は、頭を使う才能なので、エネルギーをかなり使ってしまうので、場合によっては、分業するのも良いかもしれませんね。

 

一般的な分析思考をまとめるとこんな感じの資質・才能です。

  • 論理的かつ客観的
  • 理由、原因を知りたい
  • 口ぐせは、「なぜ?」「どうして?」
  • 数値など客観的なデータを好む
  • 感情を切り離して考えられるので、冷たく感じられることがある
  • 情報は多い方が正確に分析できる
  • 情報を集めてくる能力はない
  • 複雑な事をシンプルに分解でき、パターンを見つけられる
  • 他人事に強く、自分ごとでは弱くなる
  • 分析するだけで行動が伴わない事がある

分析思考の注意点は?

注意

分析思考は、人は分析できても自分は分析できないので、分析ができる人に分析してもらった方が良いです。自分で分析をしてもあまり良い結果になりません。

思い込みというフィルターでせっかくの能力もうまく機能しないからです。

この点は、要注意です。

また、分析することは大好きですが、分析だけして、行動が伴いませんので、これも意識しないといけません。

アウトプットも特に考えていないので、促されない限り、分析結果を出さないことがあります。

他の才能や周りの人に助けてもらって、才能を強みにすることを心がけるとより力が発揮できます。

あとは、分析している時は、冷静な表情でいるので、表情も気にした方がよいかもですね。周りの人に聞いてみるとよいかもしれませんね。

私の場合は、妻に

その冷めきった眼差しは何!やめて!

と言われるぐらいです。笑

才能に蓋をしてしまっているケースも

分析思考の才能・資質は、以上のような感じです。

分析思考を持っていても全部当てはまる人もいれば、当てはまらない人もいます。

その理由は、他の才能が影響してくるからです。また、場面、状況で出る才能が違ってきたりするので、いつでもそうだとは限りません。

人間って、そんなに単純じゃないんですよね。

それをうまく表現してくれるのがストレングスファインダーだと思います。

自分の才能・資質は何だろう?と思った人は、診断を受けてみてくださいね。

 

まずは、自分の才能の上位が何かを知り、どういう特徴があるのかを知ってみてください。

そうすることで、強みを発見していくことができるようになると思います。

もっと詳しく知りたい人は、セミナーでお話ししているので、ご参加くださいね。

あと才能に蓋をしているケースもあります。

私が

分析思考を持っていない!

みぎしん

と思っていたように才能に蓋をするケースがあります。

それは、他の才能で、周りから

「右田さんは、明るいのがウリだよね!」

と言われ、

「あんまり考えないですぐに行動できるよね!」

という風に印象を持たれていたことで、周りも自分もそのレッテルだけを貼ってしまったことで、

分析してはいけないんだ。考えたらダメなんだ。

みぎしん

とか

小難しいやつと思われたくない

みぎしん

という思いもあり、私のように才能を封印してしまっているケースがあります。

私は、ポジティブがよくない方向に影響したケースといえます。

こんな風なこともあるので、本当の自分を知る機会を持たれると人生が大きく変わっていくこともありますよ!

 

まとめ

分析思考の口癖は「なぜ? どうして?」

他人事には強くて自分ごとには全然ダメ

収集心と組むとより才能を活かすことができます!

才能に蓋をしていたら、もったいないですよね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
みぎしん
大阪在住の強み研究家。 月に4~6回のセミナー、個人セッションを開催。 FPとして活動しながら、強み診断士として、ストレングスファインダーⓇを使って、あなただけの才能を分析し、強みを発見するお手伝いをします!あなたの良いところ、強みを発見し、褒めまくります! メルマガアフィリエイトで月利100万円を越えるも、収入にこだわる事に疲れてしまい、1年も続かず。 「原因がどこにあるか?」 と追及し、ストレングスファインダーに出会う。 「才能がない。」 「強みがわからない。」 という悩みも一気に解決し、自分の才能に目覚め、強みを発揮している。 一人でも多くの人の悩みを解決しようと大阪を中心にセミナー、研修、コーチングを精力的に展開中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサー




スポンサー




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 強み研究所(仮) , 2019 All Rights Reserved.